ケア・ハンズだより

謹賀新年    平成29年1月発行(128号)

 本年の干支は酉。終戦の年も酉年でした。

 その終戦の年に生まれた人や団塊世代と呼ばれる人達は、人口増加の先駆けとして、持て囃されてきましたが、高齢化とともに社会問題化とまでされています。介護保険制度では賄えないので「地域の中で助け合い」が必要とされ、戦後っ子のパワーを期待されています。それに伴いケア・ハンズの助け合い活動も、方向をしっかり見据えなければなりません。

 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

                                     代表 中村 清子

置かれた場所で咲きたい?!                                   平成29年3月発行(129号)

 春まだ浅く、けれど日差しは眩しく目に入る候、あちらこちら、出没してくる雑草を抜くのに追われ始めます。下ばかり見ているのに疲れて、背伸びをすると、緋寒桜の蕾がほころび始めていることに気が付きます。
満開を迎えても緋色の花弁は目立たず、いつの間にか、色褪せて散っていきます。我が家の狭い庭の正面にあるにもかかわらず、目に入りにくいのは背景が黒ずんだ瓦屋根のために、くすんだ緋色が目立たないのです。

 『置かれた場所で咲きなさい』カトリック修道女である渡辺和子さんの著書の題名を想いだします。沖縄では、この樹々の下で桜まつりが行なわれているそうです。植える人の都合に振り回される樹木や草花は健気ですね。人の暮らしもまた、社会の制度に振り回されることがあります。しかし、人は意に添わないことに、抵抗することもあります。


 昨年から提唱されている新地域支援事業では、さいたま市の取組みが始まっているのに、成果が目に見えてきません。地域ごとでの助け合い活動が必要となるため、それを担う『有償のボラティア活動』の『担い手』を養成するべく研修会が区単位で開催されました。『担い手』とは、困っていらっしゃる方のお手伝いをなさる方で、ケア・ハンズでは協力会員であり、介護保険制度ではホームヘルパーさんにあたります。

 『担い手養成講座』では、長い間助け合い活動を実践している立場として、ケア・ハンズの活動を紹介する機会をいただいております。講座では、興味をもっていただけるように工夫をしておりますためか、熱心に耳を傾けては下さるのですが、講座を開催する目的の「実際に担い手になる」までは、お気持ちが進まないようです。
 『有償ボランティア活動』に参加することは、今まで気が付かなかったご自分の「得意分野」を発見したり、「社会参加」している充実感を得られたりすることに、気づいていただきたいと願うこの頃です。
ケア・ハンズの協力会員は、どなたも「生き生き」と活動されている、と私は感じております。

                                                        代表  中村清子