ケア・ハンズのホームページへアクセスしてくださり有難うございます。

ケア・ハンズは、ご高齢の方や障がいのある方、その方々を介護されていらっしゃるご家族へのご支援と、子育て家庭へのサポートを目的としている認定NPO法人です。                                               

ご挨拶


自分発見、始めませんか?   平成30年11月

 長く続いた猛暑や突然の風雨など、今秋は広々と澄み渡る空を見上げる日も少なかった気がしますが、それでも虫の音を聞き、美しい紅葉の映像と共に初冠雪のニュースが届くなど、冬の訪れを感じられる季節となりました。目まぐるしく変わる気候の変化に体調を崩されている方も多いと聞きます。寒さに向けてどうぞご自愛くださいますように。

 

 さて、先日発表された統計では、日本の総人口に占める70歳以上の割合が推計で20.7%(人数で2,618万人)と、初めて2割を超え、日本の高齢化率が世界で最も高くなったと報じられました。

 すでに、私たちの住むさいたま市も平成26年3月に超高齢社会に突入しており、団塊の世代が75歳以上になる2025年には23.8%に達することが見込まれています。

 高年齢化と併せて平均寿命も伸びており、百歳以上の方は450人で、10年前と比較すると2.5倍と、まさに人生百年時代が近づいてきています。

 

 高齢になってもいきいきと元気に生きるためには、健康であることが大切です。健康とは、肉体的や精神的、また社会的(社会の中において人間関係のかかわりがあること)に満たされた状態にあることと定義されています。

 たとえ病気や障がいがあっても、やりたいこと・やれることを前向きに考え歩む人に比べ、くよくよと思い悩み、寂しく考えてしまう人は、心の面での健康が崩れがちです。

 それを防ぐためには、自分の行き場所=居場所=生き場所を見つけ、まずは一歩を踏み出すことで、他人とつながり、健康の維持につながっていくのではないかと思います。

 今、地域での助け合いとつながりの輪が、各地で広がりつつあります。勇気をもって、新しい自分発見を始めてみませんか?

                                代表      大麻 みゆき


災害に備えて           平成30年9月

 今年の夏は「これまでに経験したことのない」ほどの猛暑と、天候不順や台風による各地での豪雨被害、さらには地震などの大きな自然災害に見舞われた日々でした。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 9月1日は防災の日でした。今から93年前に発生した関東大震災を忘れない為に設けられた日だと聞きます。幸いなことに、私たちが住むさいたま市周辺は、その後大きな災害もなく、比較的安心安全な街(・・・と思っている)ですが、『天災は忘れた頃にやってくる』とも言います。自分たちの住んでいるところは大丈夫だと安心し、多くのニュースから情報を見聞きして心配しつつも、自分の事としての備えは後回しや、おろそかになってしまっているかもしれません。

 市から配布されている「防災ガイドブック」(注1)をご存じですか?パラパラと見ただけで置きっぱなしの方も多いかも(?)ですが、この度改めて読んでみました。

 はじめに記されていたのは、災害からの被害を最小限に防ぐためには「自助」「共助」「公助」の連携が大切であり、最適に機能すれば被害を最小限に抑えられる(当たり前!)ということ。その為には私たち一人ひとりが災害が発生しても慌てずに、落ち着いて適切な行動をとることが重要であり、その他にも知識として知っておくと良いことなど、分かりやすくまとめあげた冊子となっています。

 地域での要配慮者に対する支援へのかかわり方などは、私たちケア・ハンズの日頃の働きにも通ずるヒントが記されています。この機会に、それぞれが冊子を読み、お互いに話し合って、日々の災害に備える準備をしていけたら・・・と、思わされました。

                                    代表 大麻 みゆき 

注1:さいたま市防災ガイドブック(保存版)


新代表として会員の皆様へ・・・  平成30年7月

 中村代表とその仲間の方々が「住み慣れた地域で心のふれあう助け合い活動を」との思いで、ケア・ハンズを立ち上げてから、23年の時が過ぎました。

 そしてこの度、突然の代表辞任宣言を受け、はからずも1協力会員であった私が、次の代表を担うこととなりました。

 一時は、代表が辞めるなら会も解散!との声も出ましたが、理事会や事務局スタッフの間で何度も話し合いを重ねた結果「今まで通り介護保険ではなく、有償の助け合い活動を続けていきたい」という思いを皆で再確認し、新しいスタートを切るに至りました。

 私たちのモットーである「できることを できる範囲で 誠実に」の精神を時代が求めており、高齢化の進む現代社会においては、ケア・ハンズのような活動が、必要とされているのをひしひしと感じます。

 中村代表は、常に先を見て状況判断をされてきました。その知恵をもって、これまで長り関わってくださってきた地域団体や、行政関係の方々、そして常に温かく見守ってくださっている賛助会員の皆様とのつながりを今後も大切にしつつ、新体制で前向きに歩んでいきたいと思います。

 ケア・ハンズの新しい歩みに、皆様のご協力を宜しくお願い致します。

                             代表   大麻 みゆき



更新履歴   What‘s New ----------------------------------------------------------------

2018.11.12  代表挨拶を更新しました。

2018.09.10  代表挨拶を更新しました。

2018.07.23  新代表挨拶を更新しました。

2018.05.10  代表挨拶を更新しました。

2018.03.19  代表挨拶を更新しました。

2018.01.01     代表挨拶を更新しました。

2017.11.20  代表挨拶を更新しました。

2017.09.18  代表挨拶を更新しました。

2017.01.16  「協力会員の声」を掲載しました。紹介のページからリンクを辿ってください。

2017.01.01  代表挨拶を更新しました。

2016.11.14  代表挨拶を更新しました。

2016.09.02     ホームなどの文字の配列を訂正しました

2016.07.25       代表挨拶を更新しました。

2016.05.16  代表挨拶を更新しました。

2016.03.31  代表挨拶を更新しました。

2016.01.25  このURLに移転しました。

2016.03.22     ご挨拶を更新しました。

≪ケア・ハンズからのお知らせ≫

  当法人へのご寄附について

 ケア・ハンズは平27年11月1日から認定

 NPO法人として、さいたま市より認定を受け ていますので、ご寄附いただいた金額への控除があります。

個人の場合

寄附金額の約50%が税金で還付されます。

法人の場合

寄附金は特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

相続や遺贈による財産の場合

寄附金額は相続税の課税対象から除かれます。

 詳細は内閣府ホームページでご確認くださ

 い。 ご支援よろしくお願い申し上げます。

認定NPO法人の期間

平成27年11月1日~平成32年10月31日

 

 講習会や研修会をお受けします

ケア・ハンズでは「高齢者疑似体験」「認知症サポーター養成講座」「たすけあい活動や時間通貨」等についての講習・研修をお受けしております。

企業・学校・サークルなど、目的やご予算に応じてカリキュラムを対応させて頂きますので、事務局までご連絡ください。

                                                     



ケア・ハンズでは、困っている方へのサポートをする協力会員を募集しています。どのような事でも、ご相談にも応じますので事務までご連絡ください。

TEL&FAX 048-813-1006