ケア・ハンズのホームページへアクセスしてくださり有難うございます。

ケア・ハンズは、ご高齢の方や障がいのある方、その方々を介護されていらっしゃるご家族へのご支援と、子育て家庭へのサポートを目的としている認定NPO法人です。                                               

ご挨拶


毎食を大切に!      2019年7月

あじさいが雨に映え、目を見張るような速さで成長する木々の緑に心癒される季節となりました。

今年も梅漬け作業を終え、ホッと一息ついているところです。これまでは、実家の母や義母手作りの梅干しを当たり前のように食べていました。しかし、母たちが高齢のため作れなくなると、それでは自分が・・・と、夫が料理本を片手に漬けてくれていたので、何十年もの間ずっと食べる側だった私ですが、いよいよ残っていた梅も瓶の底がみえるほどになってしまい、最近になってやっと自分で作り始めた次第です。今は何でもお店で買える時代ですが、梅やらっきょうを漬けていると、その酸っぱさと共に家族との情景が目に浮かび、今では私にとって、大切な節目の作業となっています。

食べ物の記憶、突然に私たちをその時代に戻し、懐かしい出来事や人との交わりを思い起こさせてくれます。ただ、年を重ねていくと、その懐かしい記憶もどんどん失われていき、寂しい限りではありますが・・。

 

 先日の総会では「オーラル(口)・フレイル(身体の衰え)」をテーマとした学習会を行いました。講師の清水先生によると、人は60歳を超えると筋力が10%も衰えるそうです。そして、口にも同じような機能の低下が認められるとのこと。

噛めないからといって、軟らかいものばかり食べていると、噛む機能と共に食欲も落ち、低栄養状態へと陥ってしまいます。そうならないためにも、ある程度固いものも食べるように心がけたいものです。「毎食後のぶくぶくうがい」や「歯磨き」の大切さも教えていただきました。「食べる」ことは、命の最後の時まで続く大切な行為です。口からおいしく食べることで、健康を保ち、命を守ることが出来るということを覚えつつ、皆様も、毎食を大切な時間として過ごされますように。

                              代表  大麻 みゆき


毎日美味しく食べられる幸せ  2019年5月

 天皇の退位に伴って新しい元号が発表され、この号がお手元に届く頃には、「平成」から「令和」へと、新しい時代が始まっていることと思います。

 櫻の季節になると、私達の身体はなぜかムズムズワクワクし、明るい気分になります。それに加えて今年は年号が変わったことで、より気持ちが上向き、新たなチャレンジをしてみようと思っている方もいらっしゃることでしょう。とは言っても、自らを振り返ると、年毎に忘れることも多くなり、一度に複数の用件が出来なくなったり、特に力仕事をしたわけでもないのに身体が痛み出したりで、やはり身体は誤魔化せないと、70歳を前に「老い」を実感しています。チャレンジよりも、今の日常生活の見直しから始めなければと、思わされているところです。

 先日、突然歯が痛み、今まで何でもなかった「噛むこと、食べること」をおっくうに感じる日が続きました。人は年を重ねると、食が細くなりがちですが、更に病気や怪我で入院すると、誤嚥等の心配から柔らかなものが中心の食事となるため、口の周りの筋力や体力も低下してしまいます。そして最終的には介護が必要な状態になりかねません。「噛んで飲み込む」という行為は、舌や多くの脳神経がうまく動いて、初めて出来る行為だと聞きます。あまりに当たり前すぎて、そのすごさに気付かず日々を送っていますが、普通に食事ができていることが健康につながるとの意識を持ち、毎日を過ごしていきたいものです。何といっても「毎日おいしく口から食べられる」という状況は、とても幸せなことであり、長寿の秘訣でもあると思います。

 今年の総会では、歯科衛生士の清水さんをお迎えして「お口の衰えに気付いていますか」という演題の学習会も予定しております。是非皆様にご参加いただき、ご自身やケア先での食事支援に役立てていただければと思います。

                               代表  大麻 みゆき


健康長寿で過ごすには?    平成31年3月

 新しい年も早や節分が過ぎました。ふと見上げた木々の葉の下からのぞく芽吹きや、通りすがりに漂う梅の香りに春の近づきを感じます。また、暖かさと共に花粉の飛来も始まっておりますので、早めの対策を取ってお過ごし下さい。

 今年は平成最後の年ということもあり、世間ではこの30年を振り返ると共に、来るオリンピックに向けての話題で賑わっています。その一方で、日々の暮らしに目を留め、周りを見渡すと、子育てが一段落したと思われる主婦や、定年後の団塊世代と思われる方々を町や地域で多く見かけるようになりました。

 超高齢化社会が到来し、人生百年時代をどう生き抜くか、そして特に後半のセカンドライフを、どう健康に心豊かに送ればよいのかと、市を挙げて地域活動への呼びかけなどが始まっています。

 そのためには「健康寿命(※注)をどこまで保って生きられるか」を考えることが大事です。要は、日常的に介護などのお世話にならず、自立した健康な生活が送れる期間をいかにして伸ばすか、ということです。まずは、精神的、社会的なかかわりを持つために、自分も何かしらの役割を担い、次に、今までの生活習慣の改善や食生活の見直しをしてみましょう。そして「自分はどう生きたいか」を明確にすることが、何よりも大切です。今まで自分でやってみたい!好きだ!と思っていた事を思い起こし、とりあえず一歩を踏み出してみませんか?その勇気がきっと、地域とつながるきっかけになるはずです。

 私達ケア・ハンズの活動も「自分の出来ることを、出来る範囲で」という理念で始まりました。地域で困っている人を見かけたら、出来る人が喜んで手を差し伸べ、お互いを助け合う、そんな新しい出会いが、生きがいづくりの一助となります。皆様が健康な一年を過ごされますように。

                                          代表  大麻 みゆき

 

※注:健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されず、生活できる期間を指す言葉。

                   (男性71.19歳 女性74.21歳 平成25年時点)


今年も宜しくお願いいたします   平成31年1月

総会から半年余り、新体制でスタートしたケア・ハンズの活動も多くの人に見守られ、無事新しい年が迎えられましたことを感謝いたします。 高齢化が進み、労働人口の減少を補うため、外国人労働者の受け入れや拡大の必要性が叫ばれています。介護の現場においても、ロボットで対応する時代が、もうすぐそこまで来ているとの声も聞かれます。 しかし、私達ケア・ハンズは、やはり人と人とのつながりと支えあいを大切にした「心のふれあう」助け合い活動をこれからも続けていきたいと願っています。 本年もどうぞよろしくお願い致します。


更新履歴   What‘s New ----------------------------------------------------------------

2019.07.05  代表挨拶を更新しました。

2019.05.20        代表挨拶を更新しました。

2019.02.18  トピックスを更新しました。

2019.01.01      代表挨拶を更新しました。

2018.11.12  代表挨拶を更新しました。

2018.09.10  代表挨拶を更新しました。

2018.07.23  新代表挨拶を更新しました。

2018.05.10  代表挨拶を更新しました。

2018.03.19  代表挨拶を更新しました。

2018.01.01     代表挨拶を更新しました。

2017.11.20  代表挨拶を更新しました。

2017.09.18  代表挨拶を更新しました。

2017.01.16  「協力会員の声」を掲載しました。紹介のページからリンクを辿ってください。

2017.01.01  代表挨拶を更新しました。

2016.11.14  代表挨拶を更新しました。

2016.09.02     ホームなどの文字の配列を訂正しました

2016.07.25       代表挨拶を更新しました。

2016.05.16  代表挨拶を更新しました。

2016.03.31  代表挨拶を更新しました。

2016.01.25  このURLに移転しました。

2016.03.22     ご挨拶を更新しました。

≪ケア・ハンズからのお知らせ≫

  当法人へのご寄附について

 ケア・ハンズは平27年11月1日から認定

 NPO法人として、さいたま市より認定を受け ていますので、ご寄附いただいた金額への控除があります。

個人の場合

寄附金額の約50%が税金で還付されます。

法人の場合

寄附金は特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

相続や遺贈による財産の場合

寄附金額は相続税の課税対象から除かれます。

 詳細は内閣府ホームページでご確認くださ

 い。 ご支援よろしくお願い申し上げます。

認定NPO法人の期間

平成27年11月1日~平成32年10月31日

 

 講習会や研修会をお受けします

ケア・ハンズでは「高齢者疑似体験」「認知症サポーター養成講座」「たすけあい活動や時間通貨」等についての講習・研修をお受けしております。

企業・学校・サークルなど、目的やご予算に応じてカリキュラムを対応させて頂きますので、事務局までご連絡ください。

                                                     



ケア・ハンズでは、困っている方へのサポートをする協力会員を募集しています。どのような事でも、ご相談にも応じますので事務までご連絡ください。

TEL&FAX 048-813-1006