ご  挨  拶

ケア・ハンズのホームページへアクセスしてくださり有難うございます。ケア・ハンズは、ご高齢の方や障がいのある方、その方々を介護されていらっしゃるご家族へのご支援と、子育て家庭へのサポートを目的としている認定NPO法人です。

できることを できる範囲で誠実に⇒サポートしてくださる方募集

『ケア・ハンズだより

ケア・ハンズでは、会員の皆様と関係機関の方々へ会報『ケア・ハンズだより』を隔月に発行させていただいております。その紙面からのメッセージを抜粋して紹介しま。ケア・ハンズの活動をご理解をいただきたく  隔月に更新しますのでお目通しください。

代表 中村清子

                                             過去発行分はこちら 

                                                                                        平成29年分はこちら⇒


ご挨拶                 平成30年5月10日

ケア・ハンズ会員ならびに、ご支援くださったみなさまへ

 

先にお知らせの通り、本年6月16日の総会をもってケア・ハンズの代表を交代させていただきます。
23年の長きにわたり、ご支援と協力を頂きましたことに心より感謝いたしております。
次期代表は、3月9日の理事会で大麻みゆきさんに決まりました。大麻さんは2000年から協力会員として沢山の利用会員のお宅へ伺いながら、理事としても運営に関わってくださっています。また、ケア・ハンズが参加するイベントにも積極的に協力してくださり、客観的にケア・ハンズを見る機会もありました。このようなことから、次期代表は大麻さんにお願いしたいと、理事とスタッフからの希望がありお願いした次第です。
 大麻さんとしては、突然の依頼に躊躇されましたが、ケア・ハンズを継続するためならば、と、受けてくださいました。皆様のさらなるご協力をお願い申し上げます。
 設立当初から、考えますと高齢者福祉は時代の流れに合わせて大きく変化してきました。そのような中で、ケア・ハンズの“有償の助け合い活動”は自分たちの役割を築いてまいりました。
これからも、会員の皆様と力を合わせて、時代に必要とされる新しいケア・ハンズを目指して進んでいただきたいと願っております。

 何事につけても未熟で失敗の多い代表でしたが、みなさまの温かいお気持ちに励みをいただきました。また、事務局がスタッフの欠員や経費が賄えないピンチの時には、ボランティアスタッフを募集して助けていただいたこともありました。
 さらに、賛助会員はじめ社会福祉協議会や市役所担当部署の方、NPOの仲間からは、ケア・ハンズの活動を応援してくださっていることを肌身で感じてまいりました。
紙面を借りまして失礼と存じますが、長い間のご支援に御礼を申し上げます。
これからは協力会員として、少しだけお手伝いさせていただきます。
                                                    中村清子


ケア・ハンズは芽吹き時        平成30年3月19日

 どっしりと積もってしまった雪をそっと取り除くと、萎れたクリスマスローズの葉の下から硬くしっかりと閉じた蕾が現れました。暖かい日差しが射しこむと若緑の葉も首をもたげます。春の足音が聴こえてくるようです。

 ケア・ハンズも、平成30年度からは刷新された体制で臨みたいと準備を進めています。ケア・ハンズは、当初は3人のママ友で始めた小さい助け合い活動でしたが、23年の歳月を経過する間に、「助け合い活動」の先駆者的な立場に置かれていることに気づかされております。介護保険制度が改正されたことにより、やっと、相互の助け合いの必要性が認められ、行政でもそれを担う方々の養成を始めています。
 これからは、今までとは違う価値観をもって、新しい助け合い活動のスタイルを創っていく時が来たようです。ケア・ハンズにも新しい風を吹かせ、次世代へ繋げていくためには、代表を交代する時期が来たことを感じました。そのため、事務局スタッフと話し合いを重ね、3月9日の理事会で新しい代表候補が決まりました。6月の総会で正会員の皆様にご承認いただくまで、まだ日にちもありますが、現会員の方々には早めにお知らせさせていただきます。
 ケア・ハンズはNPO法人としての基盤がきちんとできておりますので、代表が交代しても活動が滞ることはございません。会員の皆様にご心配をかけませんように、スタッフそれぞれに新しい役割も決めて、引継ぎを始めております。一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
                                                  中村清子

新体制に向けてご協力のお願い
 ケア・ハンズでは事務局業務が雑多なため、会員の方々との親密な関係を保つことにも支障をきたすことがございます。そのため、業務の簡略化をさせていただきます。

   利用会員の利用料金のお支払いは利用券のご購入方法から、H30年4月からは、活動後の請求書

によるお支払いに変更します。
 ご協力くださいますことをお願い申しあげます。


迎春            平成30年1月1日

ケア・ハンズの活動は、本年も無事に新年を迎えることができました。これも、会員のみなさまとご支援くださる方々に支えていただいているお蔭と、心より御礼を申し上げます。 介護保険法改正に伴い、助け合い活動は益々必要な活動とされていますが、課題も多くなかなか広がりが進みません。このような中で、ケア・ハンズは世情に合わせて、活動内容や運営方法など柔軟に変化していけるように、スタッフ一同努力してまいります。ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。                        代表 中村清子


縛りを外してみたら・・・?                      平成29年11月発行(133号)

天候が定まらないままでも、冬の気配を感じるようになりました。

風邪の予防にはご注意いただきたいと思います。

 

高齢者の医療費や介護保険料・介護報酬の値上げに加えて、還付金詐欺被害や自宅でのケガや事故、更には交通事故など高齢者に関する不安で危険なニュースが後をたちません。

その一方では、メディアでは、2~3年前位から自由な暮らし方やおしゃれをしているシニアが取り上げられることが多くなっているようです。銀座は建物が近代化し、通りを歩く外国の観光客も多くなるなど、景観は様変わりしてはいますが、日本のおしゃれな銀髪シニアの女性が颯爽と歩いている姿も増えているように感じます。

 

私は、70代の視覚障がいの方へ外出介助としてご一緒させていただくことがあります。その方は全然見えないので、不安なく歩けるように道の状況を説明してご注意を促しますと、「いちいち余計な事言わないで!」と叱られます。ご自身で車イスを操って、市内はもちろん、代官山や皇居などお出かけになる片側に麻痺のある60代の男性の方とばったり出会いました。そこが坂道でしたので、お手伝いさせていただこうとすると「一人で大丈夫!」と、きっぱりおっしゃいます。 お二人とも、ご自分で出来ないことは援助を受け、そうでない事では、ご自分の力を発揮して、好きな事へは集中したいとおっしゃるのです。

 

このお二人から学ばせていただくことがたくさんあります。私はチャランポランな割には「こうあらねばならない。」と、考える面もあり、つまらない自分流の規則に縛られていたように思います。縛りを少しずつ取っていくと、気持ちがどんどん楽になっていきます。

 

何かに迷った時には、あれこれ周りに気を使わないで、自分の好きな方を選べるようになりたいですね。寒さが厳しくなりますので、ご自愛くださいますように。少し早いですが年末のご挨拶とさせていただきます。  

                                                    中村清子 


更新履歴   What‘s New ----------------------------------------------------------------

2018.05.10  代表挨拶を更新しました。

2018.03.19  代表挨拶を更新しました。

2018.01.01     代表挨拶を更新しました。

2017.11.20  代表挨拶を更新しました。

2017.09.18  代表挨拶を更新しました。

2017.01.16  「協力会員の声」を掲載しました。紹介のページからリンクを辿ってください。

2017.01.01  代表挨拶を更新しました。

2016.11.14  代表挨拶を更新しました。

2016.09.02     ホームなどの文字の配列を訂正しました

2016.07.25       代表挨拶を更新しました。

2016.05.16  代表挨拶を更新しました。

2016.03.31  代表挨拶を更新しました。

2016.01.25  このURLに移転しました。

2016.03.22     ご挨拶を更新しました。

≪ケア・ハンズからのお知らせ≫

  当法人へのご寄附について

 ケア・ハンズは平27年11月1日から認定

 NPO法人として、さいたま市より認定を受け ていますので、ご寄附いただいた金額への控除があります。

個人の場合

寄附金額の約50%が税金で還付されます。

法人の場合

寄附金は特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

相続や遺贈による財産の場合

寄附金額は相続税の課税対象から除かれます。

 詳細は内閣府ホームページでご確認くださ

 い。 ご支援よろしくお願い申し上げます。

認定NPO法人の期間

平成27年11月1日~平成32年10月31日

 

 講習会や研修会をお受けします

ケア・ハンズでは「高齢者疑似体験」「認知症サポーター養成講座」「たすけあい活動や時間通貨」等についての講習・研修をお受けしております。

企業・学校・サークルなど、目的やご予算に応じてカリキュラムを対応させて頂きますので、事務局までご連絡ください。

                                                     



ケア・ハンズでは、困っている方へのサポートをする協力会員を募集しています。どのような事でも、ご相談にも応じますので事務までご連絡ください。

TEL&FAX 048-813-1006